スタッフ宮崎の偏愛的植物生活

第6回 我が家の『アロエ』その2

ラルゴスタッフ宮崎の偏愛的植物生活
第6回 我が家の『アロエ』その2
お久しぶりとなってしまいましたが、我が家の植物達は、相変わらず元気です。

本日も懲りずにアロエをご紹介。前回は生育途中の幼いものが中心でしたが、
今回は比較的年期の入った「完成」しつつあるアロエ達をお見せします。


アロエ


Aloe Plicatilis(プリカティリス)
南アフリカのごく限られた地域に自生する、原種アロエです。
刺々しい印象の強いアロエのイメージを覆す、むっちり肉厚の瑞々しいアロエです。
通常アロエは。旋回させて育っていきますが、このプリカティリスは
葉を扇状に互生させて育っていく、面白いアロエです。


アロエ


株はだんだん幹立ちし、更に大型になると分頭してたくさん枝分かれしていきます。
我が家の株も60cm程度まで成長してはいますが、
未だ分頭の気配無く、一本立ちで男らしく成長しています。
自生地域を見ても分かる通り、比較的寒さには弱いですが、
屋内なら問題なく冬越え可能です。
性質が丈夫な割には草姿も非常に美しいので、
もしどこかで見かけたら、是非育ててみてください。


アロエ


Aloe melanacanta v.erinacea(アロエ・エリナケア)
ナミビア原産の原種アロエ、エリナケアです。
かなり探して、ようやく見つける事が出来た思い入れのある一株です。
少し前までは、良く見かけることがあったのですが個体数も減少し、
パッタリ見かけなくなっていました。最近また実生されたものが充実したのか、
また流通している印象です。

自分の中では最高峰のトゲアロエ!新芽のトゲは柔らかい乳白色ですが、
古くなるにつれ、黒く変色していきます。
こちらの株は実生からおよそ20年以上経った古い株だそうで、
これからも大事にしていきたいアロエの一つです。

上から覗き込むのが何と言ってもオススメ!


アロエ


アロエ


Aloe striatula (アロエ・ストリアツラ)
椰子アロエとも呼ばれる、上二つとはまた違った趣のアロエです。
ヒョロっと伸びた幹から、アロエ特有の多肉質な葉を覗かせます。
分類の上ではすごく地味なアロエなのですが、自分はこのアロエがとても好きです。
和鉢ばんかと合わせて、盆栽のような楽しみかたをしても楽しそうです。


アロエ


以前に強剪定されたのか、それとも主幹が折れたのか、
根本にごつい切り株のような塊が・・・。
普及種でも、それぞれの個性が垣間見えるとさらに愛着が湧きますよね。
皆さまも、アロエを食べてばかりいないで、是非育ててみてください。